特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

原発のたたみ方

福島第1の廃炉「工程の見直しが成功のカギ」 専門家が語る見通し

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
インタビューに答える柳原敏・福井大特命教授=東京都港区で2021年1月5日、長谷川直亮撮影
インタビューに答える柳原敏・福井大特命教授=東京都港区で2021年1月5日、長谷川直亮撮影

 東京電力福島第1原発の廃炉作業では、計画通りに進まないなど多くの課題を抱えている。こうした状況を、どのように乗り越えていけばいいのか。日本原子力学会の廃炉検討委員会で、廃棄物検討分科会の主査として中心的な役割を担う柳原敏・福井大特命教授が、そのカギを語った。【聞き手・塚本恒/科学環境部】

目標が不明確

 ――福島第1の廃炉の進み具合をどう見ていますか。

 ◆2011年に原発事故が起きて、その年に廃炉のための工程表(ロードマップ)ができた。廃炉の段階ごとに第1期、第2期、第3期と区分され、第3期が22年以降になっている。第2期中には(核燃料が溶け落ちた)燃料デブリの取り出しが始まることになっているが、現状では取り出しに入れる状況にはない。果たして工程表通りに進むのか、もう一度見直す必要がある。

 ――工程表上の計画が問題だということですか。

 ◆そうだ。廃炉というのは一大プロジェクト。プロジェクトというのは一般的に、まず具体的な計画があって、その通りに進んでいるかをチェックすべきだ。それができていない。

 燃料デブリの取り出しの技術は実現できるのか、汚染処理水をどうするのか、放射性物質に汚染された廃棄物をどう処分するのか。いろいろな課題がある。廃炉後の姿、つまり…

この記事は有料記事です。

残り1760文字(全文2293文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集