「だまされたふり作戦」で特殊詐欺を逮捕 協力の銀行員に感謝状 大阪府警

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
感謝状を受け取ったりそな銀行市岡支店の紙谷祐子さん(左)と暁和彦・大阪府警港署長(提供写真)
感謝状を受け取ったりそな銀行市岡支店の紙谷祐子さん(左)と暁和彦・大阪府警港署長(提供写真)

 支店を訪れた女性は「息子」からの電話を信じ込んでいた。2020年11月26日、大阪市港区の「りそな銀行市岡支店」に市内の80代女性が来店した。300万円を引き出そうとする女性に、職員の紙谷祐子さん(35)が使い道を尋ねると「息子が会社のお金を使い込んだ」と訴えた。詐欺ではないか。紙谷さんは上司に伝えて警察に通報した。大阪府警港署員が女性から事情を聴くと、前日も700万円の特殊詐欺被害に遭っていた。「現金を取りに来る犯人を捕まえましょう」。署員は女性に「だまされたふり作戦」を持ちかけた……。

 始まりは2日前。24日夕方に女性宅に息子を名乗る男から電話があった。「風邪で声がおかしい」「携帯をなくした」など他愛もない会話だった。翌日も電話があり、「息子」は本題を切り出した。

この記事は有料記事です。

残り539文字(全文878文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集