「密」をカラーサインで見える化 二酸化炭素濃度をポールに表示 効率的に換気

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
空間の二酸化炭素濃度を計測し、3段階の色で換気のタイミングを知らせる「CO2センシングポール」=大阪市北区で、藤井達也撮影
空間の二酸化炭素濃度を計測し、3段階の色で換気のタイミングを知らせる「CO2センシングポール」=大阪市北区で、藤井達也撮影

 「密」の見える化で感染予防を――。新型コロナウイルスへの対応が求められる中、空間の二酸化炭素濃度を測定し、カラーサインで「密」を見える化する「CO2センシングポール」が注目を集めている。

 同志社大の三木光範名誉教授、堺精機工業所(堺市美原区)、エースポイントシステムズ(大阪市北区)の3者が開発。高…

この記事は有料記事です。

残り170文字(全文320文字)

あわせて読みたい

ニュース特集