大津いじめ訴訟 自殺との因果関係認めた高裁判決確定 最高裁、両親の上告棄却

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見で、判決が確定した心境を語る男子生徒の父親=大津市で2021年1月25日午後3時20分、山田尚弘撮影
記者会見で、判決が確定した心境を語る男子生徒の父親=大津市で2021年1月25日午後3時20分、山田尚弘撮影

 大津市で2011年、市立中学2年の男子生徒(当時13歳)が自殺したのはいじめが原因だとして、両親が元同級生らに計約3850万円の損害賠償を求めた訴訟の上告審で、最高裁第1小法廷(小池裕裁判長)は21日付で両親の上告を棄却する決定を出した。いじめと自殺の因果関係を認め、元同級生2人に計約400万円の賠償を命じた20年2月の2審・大阪高裁判決が確定した。裁判官5人全員一致の意見。

 生徒は11年10月、自宅マンションから飛び降りて亡くなった。両親は12年、いじめが原因だとして元同級生3人と保護者らを相手取って提訴した。

この記事は有料記事です。

残り812文字(全文1072文字)

あわせて読みたい

ニュース特集