甲子園初、完全試合の金字塔 野球熱は「命ある限り」 指導の道35年

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
練習を見守る松本稔監督=群馬県高崎市の中央中等教育学校で2021年1月12日、川地隆史撮影
練習を見守る松本稔監督=群馬県高崎市の中央中等教育学校で2021年1月12日、川地隆史撮影

 高校野球の甲子園の歴史の中で、今も燦然(さんぜん)と輝く金字塔を打ち立てた人物が群馬にいる。1978年の第50回選抜高校野球大会(センバツ)に前橋高の主戦として出場した松本稔さん(60)。1回戦の比叡山高(滋賀)戦で、1人の走者も出さない前人未到の「完全試合」を成し遂げた。1924(大正13)年に始まったセンバツで、実に1019試合目の快挙だった。94年には2回目の完全試合があったが、夏の甲子園ではいまだ達成されていない。

 身長168センチ、直球の最速は135キロほどだったが、スリークオーターから繰り出されるカーブを織り交ぜ、凡打の山を築いた。比叡山高の日下部明男監督(当時)も試合後、「打者の心理をうまく読んだ配球の妙は感嘆の一語につきる」と称賛したほどだった。

この記事は有料記事です。

残り1240文字(全文1576文字)

次に読みたい

あわせて読みたい