国産ミサイル、長射程化 ポストINF条約時代も視野 米中距離の日本配備を回避

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
現在の12式地対艦誘導弾(陸上自衛隊ホームページから
現在の12式地対艦誘導弾(陸上自衛隊ホームページから

 政府は2020年12月、陸上自衛隊の国産の地上発射型ミサイル「12式地対艦誘導弾」を改良し、射程を大幅に伸ばすことを正式に決定した。敵の射程圏の外から艦艇などをたたく手段を確保し、「いざ」という時には相手国内への攻撃にも転用できるようにしておく――との狙いがあるが、開発の目的はそれだけではない。「隠された狙い」を探るうえでのキーワードは、「中距離核戦力(INF)全廃条約の失効」のようだ。

この記事は有料記事です。

残り2294文字(全文2490文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集