連載

濃い味、うす味、街のあじ。

飲食店を通じて「街のあじ」を紹介します。

連載一覧

濃い味、うす味、街のあじ。

新様式 「服屋」ならではの挑戦

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 今回は街の飲食店についてではなく、コロナ禍においての街とリアルな店、ネット販売についての最新の動きをブティックから見る。

 1991年に大阪に登場し、あれよあれよという間に、日本国中を席巻したエヴィスジーンズ。尻や胸のポケットに描かれたカモメ形ロゴのペイントでそれとわかるこのブランドは、ジーパン愛好者の間では知らぬ人はいない。さらに2002年のサッカー・ワールドカップで、ベッカム選手が着用して世界中のファッション人間にブレーク。ロンドンやパリ、ミラノコレクションにも参加し、パリや香港にもブティックを出した。

 昨年、創業30周年を迎え、東京・代官山をはじめ、全国に直営店を持つエヴィスだが、年末に新しい旗艦店を奈良にオープンした。ファンのみならずファッション業界の注目を集めている。

この記事は有料記事です。

残り1655文字(全文1998文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集