規模縮小し誓う防火 法隆寺

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスの影響で参加人数を減らし行われた防火訓練。収蔵庫の防火施設の点検を行う関係者ら=奈良県斑鳩町の法隆寺で2021年1月26日午前10時40分、藤井達也撮影
新型コロナウイルスの影響で参加人数を減らし行われた防火訓練。収蔵庫の防火施設の点検を行う関係者ら=奈良県斑鳩町の法隆寺で2021年1月26日午前10時40分、藤井達也撮影

 文化財防火デーの26日、奈良県斑鳩町の世界遺産・法隆寺で防火訓練があり、僧侶や寺の自衛消防団員ら約50人が参加した。今年は新型コロナウイルスの影響で参加人数を絞り、境内の鏡池の水を使った恒例の放水訓練も中止したが、火災から文化財を守る誓いを新たにしていた。

 文化財防火デーは72年前の1949年1月…

この記事は有料記事です。

残り158文字(全文308文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集