電力市場高騰 小売り休止、解散も かづのパワー、採算とれず /秋田

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 鹿角市などが出資する第三セクター・地域電力小売会社「かづのパワー」(資本金990万円、竹田孝雄社長)が、電力市場価格が過去にない水準で高騰し、採算が取れないとして、2月14日で小売り事業を休止することが分かった。取締役会は解散も視野に意見集約しているといい、今後株主に説明する。

 同社は、電力の地産地消による地域活性化を目指し、市、金融機関、事業者ら計20社・個人が出資し、2019年7月に設立。同市八幡平の三菱マテリ…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文527文字)

あわせて読みたい

注目の特集