給付金受給代行 飯豊町議が辞職 手数料取得で /山形

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 飯豊町の遠藤忠町議(68)が、新型コロナウイルス対策の持続化給付金の受給申請手続きを代行して手数料を取得した問題で、遠藤氏は25日、町議会の菅野富士雄議長に辞職願を提出した。議会閉会中のため、菅野議長が許可した。

 遠藤氏によると、21日の町議会政治倫理審査会が「議員辞職勧告に相当する」との意見で全…

この記事は有料記事です。

残り185文字(全文335文字)

あわせて読みたい

注目の特集