連載

みんなのごみ

私たちの日々の生活とは切っても切れないごみ。だが、捨てられたごみの「その先」を考えることは少ない。ごみの常識やごみ行政の「矛盾」を現場から見つめる。

連載一覧

みんなのごみ

健康脅かすプラ製品の添加剤

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <くらしナビ・環境>

 食品のトレーやペットボトルなど、日用品の素材として多用されているプラスチック。だが最近の研究で、劣化などを防ぐため添加された有害な化学物質が生物の体内で溶け出し、生殖機能や免疫に影響する恐れのあることが分かってきた。

 ●品質向上のため利用

 プラスチックは石油から作られる合成樹脂だ。加工しやすく、軽くて安価なため、1950年代以降、ガラスや金属に代わって急速に普及した。新型コロナウイルスの感染対策に使われている、飛沫(ひまつ)防止のパーティション(間仕切り)やフェースシールドなどにもプラが用いられている。

 プラを分子レベルで見ると、炭素と炭素が1本の腕(電子)でつながる「単結合」で構成されている。紫外線を吸収すると結合が切れもろくなるため、劣化を遅らせる紫外線吸収剤のほか、軟らかくする可塑(かそ)剤、燃えにくくするための難燃剤などが添加されている。東京農工大の高田秀重教授によると、これらの添加剤は重量にしてプラ製品の約7%を占めるが、環境ホルモン(内分泌かく乱物質)として生物に悪影響を与える化学物質を使用しているものが多いという。

 環境ホルモンが生物の体内に入ると、本来の性ホルモンの働きを阻害するなどして、乳がんや子宮内膜症の増加や精子数の減少など生殖機能に異常を及ぼす恐れがある。例えば可塑剤に使われているフタル酸ジエチルヘキシル(DEHP)は、子供の性的な成長の早熟、遅延を起こす。加えて、…

この記事は有料記事です。

残り1230文字(全文1846文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集