連載

遊戯三昧

元プロテニスプレーヤーの杉山愛さんのコラム。タイトルは厳しい環境でも自分がすることを楽しむという意味の禅の言葉です。

連載一覧

遊戯三昧

隔離生活、難しい調整=杉山愛

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <遊戯三昧(ゆげざんまい)>

 新型コロナウイルス感染拡大で2月に延期となったテニスの全豪オープンの主催者は選手に厳しい対応を求めている。外で練習できる1日5時間以外は2週間の隔離生活が義務づけられ、用意した複数のチャーター機で出た陽性者の濃厚接触者として隔離された同乗者は、ホテルの自室から外に出られない。選手からは戸惑いや不安の声も聞かれ、コロナ下で世界中から選手を集めて大規模大会を開催する難しさを痛感している。

 オフシーズンにハードなトレーニングで追い込む選手は多い。開催地のメルボルンは厳しい暑さとの闘いにもなるため、例年であれば現地の暑さに体を慣らし、厳しいトレーニングも入れながら仕上げていく。(錦織)圭も濃厚接触者の扱いを受けて2週間の隔離生活となった。昨季に痛めた右肩の不安もあるだろうし、現地で感覚を試しながら全豪オープンに入っていきたかったはずだ。

この記事は有料記事です。

残り409文字(全文794文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集