「日の丸毀損に罰則」の刑法改正案、自民保守系に再提出の動き

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
自民党本部=東京都千代田区で2019年5月16日、曽根田和久撮影
自民党本部=東京都千代田区で2019年5月16日、曽根田和久撮影

 自民党の保守系議員連盟「保守団結の会」は26日、下村博文政調会長と党本部で会談し、「日の丸」の毀損(きそん)に罰則を設ける刑法改正案を今国会に提出したいと申し入れた。同会は「政調会長にはご了承をいただいた」としており、他党にも賛同を呼びかけた上で議員立法を目指すという。

 改正案は日本国を侮辱する目的で国旗を損壊、除去、汚損した人に刑事罰として「2年以下の懲役または20万円以下の罰金」を科…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文490文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集