都議選「前哨戦」の千代田区長選 現職引退で激戦、かつての「ドン」は…

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
皇居(手前)を中心に広がっている東京都千代田区=本社ヘリから
皇居(手前)を中心に広がっている東京都千代田区=本社ヘリから

 新人4人が立候補した東京都千代田区長選(1月31日投開票)が、今夏に予定されている都議選の前哨戦の様相になっている。小池百合子都知事が特別顧問を務める地域政党「都民ファーストの会」の推薦候補と、都議選で議席奪回を目指す自民が支援する候補が激しくぶつかり、東京で支持拡大を図る日本維新の会も別候補を推薦した。東京23区で最少の人口7万人弱の自治体を舞台に、激しい選挙戦が展開されている。

この記事は有料記事です。

残り1289文字(全文1482文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい