特集

カルチャープラス

カルチャー各分野をどっぷり取材している学芸部の担当記者が、とっておきの話を報告します。インタビューの詳報、記者会見の裏話、作品やイベントの論評など、さまざまな手法で、カルチャー分野の話題の現象を記者の視点でお伝えします。

特集一覧

「夜の女王」を引退したオペラ歌手、森谷真理が封印を解く理由

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
びわ湖ホールで6年ぶりの「夜の女王」に挑戦する森谷真理さん=大津市で2021年1月23日午後3時11分、濱弘明撮影
びわ湖ホールで6年ぶりの「夜の女王」に挑戦する森谷真理さん=大津市で2021年1月23日午後3時11分、濱弘明撮影

 音楽演奏は楽器を使った「身体表現」である。中でも身体そのものを楽器とするオペラ歌手は、アスリートの要素を色濃く持ち合わせた存在だ。オペラの「競技性」を象徴する役どころが、モーツァルト晩年の傑作「魔笛」に登場する「夜の女王」であり、この役をこなせる歌手は「超絶技巧を持つ希少な存在」として引っ張りだこになる。天皇陛下の即位を祝う「国民祭典」(2019年)で「君が代」を独唱したソプラノ歌手、森谷真理(もりや・まり)さんは、世界中で歌い続けた「夜の女王」からの引退を15年に表明し、ずっと封印してきた。しかし21年に突如、封印を解くことにした。いったん外した自身の看板。再挑戦に至るまでの思いを、森谷さんに聞いた。

みんなが知っている超難曲

 「夜の女王のアリア」はトヨタ自動車のミニバン「アルファード」のテレビCMなどでも使われた超有名曲。聞き覚えのある人は少なくないだろう。

 演奏時間2時間余りの「魔笛」で、夜の女王の登場は3場面しかなく、計2曲のアリアを披露する。CMで流れたのは第2幕の「復讐(ふくしゅう)の炎は地獄のように我が心に燃え」だった。…

この記事は有料記事です。

残り2707文字(全文3181文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい