サッカー マンUユニホームに苦情 深緑着用、赤のリバプールと対戦 色覚障害者「区別できない」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
サッカーのイングランド・プレミアリーグで対戦するリバプール(左)とマンチェスター・ユナイテッド(マンU)の選手。マンUの選手は深緑色の特別ユニホームを着用した=英リバプールで1月17日、AP
サッカーのイングランド・プレミアリーグで対戦するリバプール(左)とマンチェスター・ユナイテッド(マンU)の選手。マンUの選手は深緑色の特別ユニホームを着用した=英リバプールで1月17日、AP

 サッカーのイングランド・プレミアリーグの名門、マンチェスター・ユナイテッド(マンU)のユニホームを巡り、ネット交流サービス(SNS)に苦情が殺到した。今月17日の対戦がその火種で、マンUのユニホームは深緑色、対戦したリバプールは赤色。問題はどこにあったのか。

SNSに数百件

 「今季最大の試合で、チームを区別できなくさせた」「ボーンヘッド(間抜け)」――。マンU―リバプールの対戦後、SNSにこんな投稿が相次いだ。海外メディアによると、SNSに投稿された「苦情」は、数百件に及んだという。

 原因は「特別ユニホーム」にあった。マンUは今季、アウェーで主に白と黒のしま模様を着用しているが、この日は深緑を採用。この「緑」と、リバプールの「赤」は、色覚障害を持つ人々にとって同じような色に見えてしまい、区別が難しかった。試合を報じた写真を改めて障害当事者に見てもらったところ、東京都内の男性会社員(31)は「マンUのユニホームは黒にしか見えず、同じ濃い色の赤のユニホーム(リバプール)と見分けに…

この記事は有料記事です。

残り1918文字(全文2362文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集