連載

熱血!与良政談

長年、政治の裏側を取材してきた与良正男専門編集委員が、永田町に鋭く斬り込みます。

連載一覧

熱血!与良政談

「日本モデル」はどうした=与良正男

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルス対策の特別措置法などの改正をめぐる与野党協議が始まった。政府・与党は2月上旬の成立を目指すという。

 罰則の導入が適切かどうかが、大きな論点だ。ただし、その前に思い出しておきたいことがある。

 昨年5月。それまで7週間続いた最初の緊急事態宣言が解除された際、当時の安倍晋三首相はこう胸を張っていたのだ。

 「わが国では罰則を伴う強制的な外出規制などを(法制上)実施できない。それでも1カ月半で今回の流行をほぼ収束させることができた」

この記事は有料記事です。

残り677文字(全文900文字)

あわせて読みたい

注目の特集