鳥インフル 県、養鶏106施設を緊急消毒 ため池周辺道路も /石川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ため池に近い県道を消毒する作業員=津幡町倉見で2021年1月26日午前10時19分、阿部弘賢撮影
ため池に近い県道を消毒する作業員=津幡町倉見で2021年1月26日午前10時19分、阿部弘賢撮影

 富山県小矢部市をはじめ全国各地で高病原性鳥インフルエンザが確認されていることを受け、県は26日、県内の養鶏106施設の緊急消毒や、養鶏場に近いため池周辺の消毒を開始した。

 県によると、2020年12月~21年1月中旬にかけて養鶏施設に消毒用の消石灰を配布している。今回は、ため池に飛来する野鳥が発生…

この記事は有料記事です。

残り192文字(全文342文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集