「新滝」凍り付く 王滝 /長野

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大きなつららが垂れ下がり、下には氷柱ができた新滝=長野県王滝村で2021年1月21日午後1時8分、日報連会員の松下幸男さん撮影
大きなつららが垂れ下がり、下には氷柱ができた新滝=長野県王滝村で2021年1月21日午後1時8分、日報連会員の松下幸男さん撮影

 王滝村の御嶽山(3067メートル)山麓(さんろく)にある「新滝」が厳しい寒さで凍り付き、巨大なつららや氷柱ができた。同村では近くの「清滝」と並ぶ名瀑(めいばく)として知られ、アマチュアカメラマンらが撮影に訪れている。

 標高約1200メートルの谷間にあり、落差約30メートル。滝つぼに向けてつららが垂…

この記事は有料記事です。

残り156文字(全文306文字)

あわせて読みたい

ニュース特集