高原町立小中6校、新燃岳噴火10年で防災授業 避難3原則を学ぶ /宮崎

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 霧島連山の新燃岳で起きた約300年ぶりのマグマ噴火から10年。高原町制定の「新燃岳を考える日」の26日、火山灰などで広範囲に被災した町立小中学校6校で防災授業があった。

 高原中(同町西麓)では、小学生の体験作文や写真、新聞記事などを収めた冊子「新燃岳噴火 百人の記録」(町教委発行)と映像で当時を回…

この記事は有料記事です。

残り81文字(全文231文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集