特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

記者の目

熊本県 川辺川にダム建設容認 「結論ありき」でなかったか=城島勇人(熊本支局)

川辺川ダムができていればダム湖になるはずだった予定地。流水型ダムが建設されれば大雨時は水没することになる=熊本県五木村で2020年8月29日、城島勇人撮影
川辺川ダムができていればダム湖になるはずだった予定地。流水型ダムが建設されれば大雨時は水没することになる=熊本県五木村で2020年8月29日、城島勇人撮影

 2020年7月の九州豪雨で氾濫した球磨川の治水対策として、熊本県の蒲島郁夫知事が11月、支流の川辺川に「流水型ダム」を建設するよう国に要請した。国は応じる方針で、年度内には流水型ダムを軸にした治水計画が決まる見通しだ。大雨時だけ水をためる治水専用の流水型ダムは、一般的な貯水型ダムに比べ環境への影響が小さいとされるが、08年に川辺川ダム建設を「白紙撤回」した知事にとって180度の方針転換であることに変わりはない。一連の議論を振り返ると、早い段階から「ダムありき」の出来レースだったのではないかとの印象が拭えない。

この記事は有料記事です。

残り1641文字(全文1899文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集