アジアの麻薬王、オランダで逮捕 最大組織首謀者

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ツェ・チロプ容疑者とみられる男の写真=ロイター
ツェ・チロプ容疑者とみられる男の写真=ロイター

 オランダ警察は22日、国際手配されていたアジア最大の犯罪組織の首謀者で、中国生まれのカナダ国籍、ツェ・チロプ(中国名・謝志楽)容疑者(57)をアムステルダム郊外スキポール空港で逮捕した。

 国連薬物犯罪事務所(UNODC)などによると、ツェ容疑者の組織はアジア太平洋地域の覚醒剤取引を支配。ヘロインや合成麻薬も含め日本など十数カ国に密輸し…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文424文字)

あわせて読みたい

注目の特集