「大変申し訳なく思う」 首相、与党議員の銀座クラブ訪問を謝罪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
菅義偉首相 拡大
菅義偉首相

 菅義偉首相は27日午前の参院予算委員会で、自民党の松本純国対委員長代理と公明党の遠山清彦幹事長代理が、緊急事態宣言中に東京・銀座のクラブを深夜に個別に訪れていたことを陳謝した。「国民に20時以降の外食、不要不急の外出をしないように協力要請する中で、このような事態が発生したことについては、大変申し訳なく思う」と述べた。立憲民主党の徳永エリ氏への答弁。

 徳永氏は「(新型コロナウイルス対策の)特別措置法改正案は休業要請、時短要請に従わない人たちに罰則を科す。自分たちは守らないで、国民が守らないと罰則を科す。めちゃくちゃじゃないか」と批判し、厳格な処分を求めた。

 首相は「国民の理解を得られる行動をすべきだ。しっかりとこれから対応させていただきたい」と述べた。公明党の赤羽一嘉国土交通相は「あってはならないことだ。先輩の一人としてしっかりと指導したい。大変申し訳ございませんでした」と謝罪した。【飼手勇介】

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集