福島第1原発事故 2審も東電に賠償命令 仙台高裁

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
判決後、報道陣の取材に応じる野村吉太郎弁護士(右)と原告団長の平井ふみ子さん=仙台市の仙台高裁前で
判決後、報道陣の取材に応じる野村吉太郎弁護士(右)と原告団長の平井ふみ子さん=仙台市の仙台高裁前で

 東京電力福島第1原発事故で被ばくの不安にさらされ、精神的苦痛を受けたなどとして福島市や郡山市など避難指示区域外の住民52人が東電に総額約1億円の損害賠償を求めた集団訴訟の控訴審判決で、仙台高裁(小林久起裁判長)は26日、東電の責任を認め、50人にそれぞれ2万2000~28万6000円、計約1185万円を支払うよう命じた。

 2020年2月の1審福島地裁判決(住民50人に計1200万円)とほぼ同額の賠償を命じ住民側の勝訴となった。

この記事は有料記事です。

残り861文字(全文1077文字)

あわせて読みたい

注目の特集