特集

大学関連ニュース

全国の大学に関するニュースを集めました。

特集一覧

学生街の喫茶店、コロナでピンチ 早大生有志がクラウドファンディングで応援

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
創業70年の喫茶店「ぷらんたん」のマスター、前田広喜さん(左)と美智子さん=東京都新宿区で1月26日、長谷川直亮撮影 拡大
創業70年の喫茶店「ぷらんたん」のマスター、前田広喜さん(左)と美智子さん=東京都新宿区で1月26日、長谷川直亮撮影

 早稲田大学(東京都新宿区)そばの老舗喫茶店「ぷらんたん」がコロナ禍でピンチに陥っている。オンライン講義などで学生街が閑散とし、客が激減したためだ。マスターの前田広喜さん(65)は廃業まで考えたが、学生有志が「いまは集まれないけれど、かけがえのない居場所。コロナ収束後も、卒業後もずっとあり続けて」と存続へ向け協力を申し出た。30日、クラウドファンディングがスタートする。約50日で500万円を集めるのが目標だ。

 1950年の創業。早大OBでもある前田さんは4代目で、妻の美智子さん(65)と2人で切り盛りしてきた。「プランタンはフランス語で春の意味。学生街が最も華やぐ季節が卒業式や入学式のある春なのでね。でも70周年を迎えた昨年は散々。コロナ前は南門からどっと出てくる学生さんを眺めてコーヒーをいれていましたが、オンライン講義が中心になり、その姿が消えました。卒業生も立ち寄ってくれる早稲田祭も中止。夜はゼミの打ち上げやサークルの飲み会もやっていましたが、すべて自粛です」。売り上げの大幅減で維持費、引き継いだ際のローン返済など資金繰りが立ち行かなくなった。

厨房(ちゅうぼう)でコーヒーをいれる喫茶店「ぷらんたん」のマスター、前田広喜さん=東京都新宿区で1月26日、長谷川直亮撮影 拡大
厨房(ちゅうぼう)でコーヒーをいれる喫茶店「ぷらんたん」のマスター、前田広喜さん=東京都新宿区で1月26日、長谷川直亮撮影

 そんな窮状を知った学生が手を差し伸べた。自主運営講座「大隈塾」の学生たちだ。サポートチーム7人の代表、政治経済学部2年、吉留寛人さん(21)は「神戸から上京してきた僕にとって『ぷらんたん』は第二の実家。ランチのコーヒーはおかわり自由だし、ご飯は大丈夫かって気遣ってもらったり、温かくてね。先輩とも相談して、クラウドファンディングを実施し、SNS(ネット交流サービス)も使って広く呼びかけようと思いました」。前田夫妻は感激の面持ちだ。「キャンパスライフを味わってもいない1年生までもが私たちのために奔走してくれ、ありがたくて」。返礼品は自慢の焙煎(ばいせん)コーヒー豆。ペナントに支援者名を刻み、店に掲げる用意もしている。

喜多條忠さん=東京都千代田区で2015年、小川昌宏撮影 拡大
喜多條忠さん=東京都千代田区で2015年、小川昌宏撮影

 名物喫茶だけに早大のOB、OGからのエールも熱い。フォークの名曲「神田川」の作詞家、喜多條忠さん(73)は「よく通ったなあ。2階の窓際の席でぼーっとしてね。青春の果実じゃなく、何気なくぽいと捨てた芯みたいな、一見、無駄なあの頃が年齢を重ねるとしきりに思い出されるんです。後輩らの頑張り、うれしい。涙が出る」。歌手のクミコさん(66)も「やるじゃん、早稲田生って感じね。私もガロの『学生街の喫茶店』みたいに、よくわけもなくお茶を飲み、だべっていました。なんだか一緒に歩んできた気がするんですよ。ぜひ残してほしい。『ぷらんたん』があるだけで、私もよしやるかって気持ちがわいてくる」。

歌手のクミコさん=東京都港区で1月8日、宮本明登撮影 拡大
歌手のクミコさん=東京都港区で1月8日、宮本明登撮影

 かつて吉永小百合さんやタモリさんも通ったとの伝説があり、メンバーは真偽確認を含め、応援コメントをもらえないか交渉を続けているらしい。前田さんは早稲田の校歌の一節を口にした。「♪集まり散じて人は変われど……。人と会うことが難しい時代だからこそ、人と会う場所が大切だと感じています。折れそうになった心を学生さんに励まされました。厚かましいお願いですが、なんとしても早稲田の学生街の歴史をつないでいきたいのです」【鈴木琢磨】

あわせて読みたい

注目の特集