中核派、最高指導者の議長が記者会見で半世紀ぶりに姿 渋谷暴動「必要な闘争」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見でこれまでの活動について語る中核派の清水丈夫議長=東京都千代田区の日比谷図書文化館で2021年1月27日午前10時38分、手塚耕一郎撮影
記者会見でこれまでの活動について語る中核派の清水丈夫議長=東京都千代田区の日比谷図書文化館で2021年1月27日午前10時38分、手塚耕一郎撮影

 多数のテロ・ゲリラ事件をかつて起こした過激派「中核派」の最高指導者で、2020年9月に約50年ぶりに姿が確認された清水丈夫議長(83)が27日、東京都千代田区で記者会見を開いた。1971年に中核派が武装蜂起を呼び掛け、学生らと機動隊が衝突して警察官1人が殺害された渋谷暴動事件について「必要な闘争で大き…

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文381文字)

あわせて読みたい

注目の特集