光を放つ800系 公募「願いごと」を装飾 九州新幹線全線開業10年で特別運行

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
九州新幹線の全線開業10年を記念する「流れ星新幹線」のイメージ=JR九州提供 拡大
九州新幹線の全線開業10年を記念する「流れ星新幹線」のイメージ=JR九州提供

 JR九州は27日、九州新幹線の全線開業10年を記念して、光を放つ演出を施した800系新幹線を3月14日夜に1本限り特別に運行すると発表した。区間は鹿児島中央駅から博多駅までで、乗客は乗せない。「流れ星新幹線」と名付け、公募した「願いごと」を車両外側の装飾に記したり、内部に掲示したりする。

「流れ星新幹線」の運行を発表する(左から)LINE Fukuoka、JR九州、西日本シティ銀行の各トップ=福岡市博多区で2021年1月27日、石田宗久撮影 拡大
「流れ星新幹線」の運行を発表する(左から)LINE Fukuoka、JR九州、西日本シティ銀行の各トップ=福岡市博多区で2021年1月27日、石田宗久撮影

 西日本シティ銀行、LINE Fukuoka(福岡市)と共同で企画。コロナ禍で社会の雰囲気が沈む中、開業10年への感謝を示し、明るい未来を願う機会にする。「願いごと」はLINE公式アカウントで2月7日まで募集し、777点を選んで車内外を飾り付ける。装飾した新幹線はイベント後、5月28日まで乗客を乗せて営業運転する。

 開業10年を巡っては、JR九州が熊本・鹿児島エリアへの観光を喚起する「熊と鹿キャンペーン」を2月15日~9月30日に展開。駅弁の人気投票や割引切符の発売、デジタルスタンプラリーを企画している。【石田宗久】

あわせて読みたい

注目の特集