脳しんとうの力士は相撲取らせず不戦敗に 規則に追加へ 相撲協会方針

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
両国国技館=東京都墨田区で、本社ヘリから
両国国技館=東京都墨田区で、本社ヘリから

 日本相撲協会審判部は27日、力士が脳しんとうを起こすなどして相撲を取れないと判断された場合の対応を話し合い、相撲を取らせずに「不戦敗」とする方針をまとめた。伊勢ケ浜審判部長(元横綱・旭富士)が明らかにした。今後、協会執行部の承認を経て、春場所までに新たに規則に加えるという。

 初場所10日目の19日、幕下の湘南乃海…

この記事は有料記事です。

残り208文字(全文366文字)

あわせて読みたい

注目の特集