木彫りを受け取り うそかえ祭粛々と 道明寺天満宮 /大阪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
初穂料を納めて鳥のウソの木彫りを受け取る参拝客(左)=大阪府藤井寺市の道明寺天満宮で、共同
初穂料を納めて鳥のウソの木彫りを受け取る参拝客(左)=大阪府藤井寺市の道明寺天満宮で、共同

 藤井寺市の道明寺天満宮で25日、災難よけの「うそかえ祭」が開かれた。例年は鳥のウソの木彫りが入った袋を数千人の参拝客が次々と交換し合うが、今年は新型コロナウイルス対策で取りやめとなり、参拝客が木彫りを受け取るだけの静かな祭りとなった。

 うそかえ祭は902年、悪霊退散の儀式中に押し寄せたハチの大群を…

この記事は有料記事です。

残り175文字(全文325文字)

あわせて読みたい

注目の特集