特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

立憲・福山氏「過料引き下げに一定の評価」 特措法・感染症法改正案修正合意

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
会談に臨む自民党の二階俊博幹事長(右から2人目)と森山裕国対委員長(右端)、立憲民主党の福山哲郎幹事長(左から2人目)と安住淳国対委員長(左端)=国会内で2021年1月28日午後5時28分、竹内紀臣撮影
会談に臨む自民党の二階俊博幹事長(右から2人目)と森山裕国対委員長(右端)、立憲民主党の福山哲郎幹事長(左から2人目)と安住淳国対委員長(左端)=国会内で2021年1月28日午後5時28分、竹内紀臣撮影

 自民党の二階俊博、立憲民主党の福山哲郎両幹事長は28日夕、国会内で会談し、新型コロナウイルス対策の根拠となる特別措置法と感染症法の両改正案を修正することで最終合意した。入院措置を拒否した人への懲役や罰金など刑事罰はすべて削除し、前科のつかない行政罰の過料に見直す。営業時間短縮の命令に従わなかった事業者への過料は半額程度に引き下げる。改正案は29日に衆院で審議入りし、2月3日の参院本会議で、与党や立憲の賛成で可決、成立する見通しだ。

 修正協議は3日目となる28日、自民、立憲の国対委員長が断続的に協議した後、幹事長間で決着した。自民党の森山裕国対委員長は記者団に「多くの会派で修正が調うのは、国民への安心につながる」と指摘。福山氏は「刑事罰の削除は大変評価したい。過料の引き下げにも一定の評価をしたい」と語った。

 感染症法改正案の修正は…

この記事は有料記事です。

残り1088文字(全文1458文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集