柏崎刈羽原発7号機 安全工事未完了が判明 東電見逃しか 新潟

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ID不正入室問題と併せ、工事未完了に関して謝罪する橘田代表=新潟県の刈羽村生涯学習センターラピカで2021年1月27日、内藤陽撮影
ID不正入室問題と併せ、工事未完了に関して謝罪する橘田代表=新潟県の刈羽村生涯学習センターラピカで2021年1月27日、内藤陽撮影

 東京電力は27日、再稼働を目指す新潟県の柏崎刈羽原発7号機で「12日に完了した」としていた安全対策工事がまだ終わっていなかったと発表した。工事完了を説明する住民説明会を始めた直後の発覚で、社員のID不正入室問題に続く失態。再稼働の可否判断をする県や地元からも不信の声が上がり始めた。【内藤陽、井口彩】

この記事は有料記事です。

残り1450文字(全文1601文字)

あわせて読みたい

注目の特集