特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

ホテル業界「収束すれば後は上るだけ」 京都ホテルオークラ総支配人 新型コロナ1年

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
京都ホテルオークラ総支配人の原田肇さん=京都市中京区で2021年1月26日、大川泰弘撮影
京都ホテルオークラ総支配人の原田肇さん=京都市中京区で2021年1月26日、大川泰弘撮影

 京都では、外国人観光客を当て込んだホテルの建設ラッシュのさなかに新型コロナウイルス禍が起こった。今も街のここそこでホテル建設が進められている。観光需要は激減したが、京都のホテル業界は大丈夫なのだろうか。京都ホテルオークラ(京都市中京区)の原田肇総支配人に聞いた。

40億円の大規模改修計画を凍結

 ――観光と飲食はコロナ禍の影響をまともに受けた。

 ◆当ホテルも飲食などを含めた全体の売り上げは、これまでにないほど落ちた。観光業はもろいと痛感した。装置産業で従業員を置いてお客さまをお迎えする。来ていただくことで事業が回る。

この記事は有料記事です。

残り611文字(全文871文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集