特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

福島第1原発の汚染水発生量、今も1日ドラム缶700個分 地下水や雨水が浸入

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京電力福島第1原発の敷地内に並ぶ汚染処理水をためるタンク(手前)=福島県大熊町で2019年8月1日、本社ヘリから北山夏帆撮影
東京電力福島第1原発の敷地内に並ぶ汚染処理水をためるタンク(手前)=福島県大熊町で2019年8月1日、本社ヘリから北山夏帆撮影

 東京電力福島第1原発で発生し続けている汚染水について、政府・東電は28日、2020年の1日当たりの発生量が140立方メートルだったと発表した。一般的なドラム缶700個分に相当する。東電は20年内に1日当たり150立方メートル程度に抑えることを目指し、対策を推進。目標は達成したものの、原発事故から10年近くがたってもゼロになるめどは立っていない。

 福島第1の1~3号機には連日、西側から大量に流れてくる地下水が、建屋地下の壁のひびなどを通って入り込んでいる。さらに、雨水も雨漏りにより建屋内に浸入。すると、溶け落ちた核燃料(燃料デブリ)を冷やした水と混じり、放射性物質の濃度が高い汚染水になる。

この記事は有料記事です。

残り474文字(全文772文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集