新型コロナ 水戸・梅まつり実行委がガイドライン 緊急事態宣言の発令中開催せず /茨城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 水戸市などで作る水戸の梅まつり実行委員会は28日、「県内に緊急事態宣言が発令されている期間は開催しない」とするガイドラインを決めた。県内外から観光客が訪れる梅まつりは、現時点では2月13日~3月21日に偕楽園と弘道館で開催予定。しかし、県内では新型コロナウイルスの感染者数がおさまっておらず、対応を検討していた。

 ガイドラインでは、県内に緊急事態宣言が発令されている期間▽県内全域もしくは水戸市に不要不急の外出自粛要請が出されている期間▽偕楽園、弘道館が閉園、閉館となっている期間――のいずれかに該当する期間は開催しないとした。委員会は同日の会合で、例年カメラマンが殺到する「大撮影会」、首都圏から自治体のキャラクターが参加する「みとちゃんお誕生会」の中止も決めた。

この記事は有料記事です。

残り131文字(全文465文字)

あわせて読みたい

注目の特集