特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ ワクチン国内生産へ アストラゼネカ、9000万回分

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 英製薬大手アストラゼネカ社は28日、新型コロナウイルス感染症のワクチンを日本国内で9000万回分(4500万人分)生産することになったと明らかにした。

 日本政府はアストラゼネカと昨年12月、1億2000万回分(6000万人分)の調達契約を締結しており、そのうち75%を国内で生産することになる。

 同社によると、国内での供給を速やかにするため、兵庫県に工場があるJCRファーマにワクチンの原液製造を委託。専用容器(バイアル)への充塡(じゅうてん)などの工程は別の複数の製薬企業に依頼し、生産体制の準備を進めている。

 アストラゼネカは政府との間で1億2000万回分のワクチンを供給し、うち3000万回分(1500万人分)を今年3月までに供給する契約を結んでいる。加藤勝信官房長官は28日午前の記者会見で「アストラゼネカから厚生労働省に対し、日本国内で9000万回分以上の生産を目指すと報告された」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文743文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

注目の特集