特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

東京医科歯科大病院の患者から市中感染未確認のコロナ変異株 国内流行に影響も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真=国立感染症研究所提供
新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真=国立感染症研究所提供

 東京医科歯科大は29日、同大病院の入院患者3人から、国内で市中感染が確認されていなかった海外由来の新型コロナウイルス変異株を確認したと発表した。従来よりも感染力が強いとされる英国由来の変異株とは異なるが、多様な変異株が市中に流入することで、国内の流行に影響を与える可能性もあるという。

 3人の検体は2020年11~12月に採取。同大によると、確認された変異株は3種類で、英国由来だが、世界各地で感染が拡大している変異株とは遺伝子配列、性質が異なる。3種類は欧米などでも確認され、日本でも空港検疫では見つかっていた。

 3人とも英国の滞在歴はなく、市中感染したとみられる。うち2人は重症化したが、変異株との関連は不明という。

この記事は有料記事です。

残り540文字(全文851文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集