特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナで20年の雇用情勢悪化 非正規労働者が大幅減 厚労省

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
完全失業率と有効求人倍率の年次推移
完全失業率と有効求人倍率の年次推移

 厚生労働省が29日発表した2020年平均の有効求人倍率は1・18倍で、前年比0・42ポイント低下した。リーマン・ショック後の09年に前年比0・41ポイント低下して以来の下落幅。20年は非正規労働者が大幅に減少したことも明らかになり、新型コロナウイルスの感染拡大による雇用情勢の悪化が浮かんだ。

 20年12月の有効求人倍率(季節調整値)は前月と同水準の1・06倍だが、今後は緊急事態宣言の影響が懸念される。田村憲久厚労相は29日の記者会見で「雇用が一斉に消えたわけではない。労働者の業種転換を支援し雇用を安定させる」と強調した。

 有効求人倍率の低下幅はオイルショックの影響が続く1974年、75年に次ぐ過去3番目の大きさ。リーマン・ショック後の09年平均の有効求人倍率は0・47倍を記録したが、20年平均は1倍以上で、求人が求職を上回っている。月ごとの有効求人倍率は20年1月の1・49倍から下がり続けたが、同9月に1・03倍と底を打ってからはほぼ同水準で推移している。

この記事は有料記事です。

残り825文字(全文1260文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集