特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。1月28日の選考委員会も速報します。

特集一覧

東播磨「ICTで新スタイル確立」 第93回選抜高校野球 21世紀枠推薦プレゼン

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
一つのベースに向かって両方向から走塁練習に励む東播磨の選手たち=兵庫県稲美町の東播磨高で2020年12月26日、藤田健志撮影 拡大
一つのベースに向かって両方向から走塁練習に励む東播磨の選手たち=兵庫県稲美町の東播磨高で2020年12月26日、藤田健志撮影

 兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で3月19日に開幕する第93回選抜高校野球大会の出場校を決める選考委員会が29日、オンラインで始まった。同日午後に21世紀枠4校を含む出場32校が決定する。

 午前9時から21世紀枠候補9校の推薦理由説明会が行われた。近畿地区候補校の東播磨(兵庫)について、福留和年・兵庫県高校野球連盟代表理事は「コロナ禍の中、アプリでのミーティングや『LINE(ライン)』を使った個別指導などICT(情報通信技術)を駆使して、新しい指導スタイルを打ち立てた」などと紹介。生徒のほとんどが地元出身で、地域との関わりが強いことなどもアピールした。

出場校決定の瞬間をライブで

出場校発表の模様は、29日午後3時半から公式サイト「センバツLIVE!」(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/)でお伝えします。中継は同3時からスタートし、「スポーツナビ」(https://baseball.yahoo.co.jp/senbatsu/)でも展開。出場決定号外はデジタル紙面でご覧いただけます。大会期間中は、全31試合を中継します。

関連記事

あわせて読みたい