特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

健大高崎は強打、東海大菅生は守備に力 第93回選抜高校野球 関東・東京の選考経過

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
第93回選抜高校野球大会の選考委員会総会=大阪市北区で2021年1月29日、青木勝彦撮影 拡大
第93回選抜高校野球大会の選考委員会総会=大阪市北区で2021年1月29日、青木勝彦撮影

 第93回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)の出場校を決める選考委員会が29日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールであった。関東・東京地区からは、健大高崎(群馬)=2年連続5回目▽常総学院(茨城) =5年ぶり10回目▽東海大甲府(山梨)=5年ぶり6回目▽専大松戸(千葉)=初出場▽東海大相模(神奈川)=2年連続12回目▽東海大菅生(東京)=6年ぶり4回目=の6校が選ばれた。

 まず関東大会4強を選出した。2連覇の健大高崎は3番・桜井、4番・小沢を中心に4試合計8本塁打、32得点の打力を評価された。準優勝の常総学院は健大高崎と遜色ない打線に加え、最速140キロ超の右腕・秋本の潜在力が買われた。守備力に優れた左腕・若山を擁する東海大甲府、スライダーにキレがある右腕・深沢がいる専大松戸の4強勢は主戦の評価が高かった。東京大会優勝の東海大菅生は左腕・本田の安定感と6試合5失策の守備が認められた。

 関東大会8強の中では、昨夏のセンバツ交流試合で好投した長身左腕・石田の存在感が光る東海大相模が抜きんでており、東京大会準優勝の日大三との比較で6校目を選考。決勝で攻撃が淡泊だった日大三より、バント安打を絡めた得点など打撃で新境地を見せた東海大相模に分があると判断された。

全31試合を動画中継

 公式サイト「センバツLIVE!」では、大会期間中、全31試合を中継します(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/)。また、「スポーツナビ」(https://baseball.yahoo.co.jp/senbatsu/)でも展開します。出場決定号外はデジタル紙面でご覧いただけます。

次に読みたい

あわせて読みたい