特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

強豪ひしめく近畿 最後の1枠は奈良大会Vの天理に 第93回選抜高校野球 選考経過

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
初めてオンラインで行われた第93回選抜高校野球大会の出場校決定に向けた選考委員会総会=大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールで2021年1月29日午後4時11分、山田尚弘撮影 拡大
初めてオンラインで行われた第93回選抜高校野球大会の出場校決定に向けた選考委員会総会=大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールで2021年1月29日午後4時11分、山田尚弘撮影

 第93回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)の出場校を決める選考委員会が29日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールであった。近畿地区からは、智弁学園(奈良)=2年連続14回目▽大阪桐蔭(大阪)=2年連続12回目▽市和歌山(和歌山)=2年ぶり7回目▽京都国際(京都)=初出場▽神戸国際大付(兵庫)=4年ぶり5回目▽天理(奈良)=2年連続25回目=の6校が選ばれた。

 近畿大会4強がまずは順当に選出された。優勝した智弁学園は左腕・西村と安定感のある右腕・小畠の二枚看板で、打線は下位まで切れ目がなく得点能力が高いと評価された。大阪桐蔭は左腕・松浦を中心にエース級がそろい、3試合コールド勝ちした強力打線は機動力も兼ね備えているとされた。抜群の安定感を誇るエース・小園を擁する市和歌山と、近畿大会で1点差試合を2度制した粘り強い戦いの京都国際も選出された。

 残る2校は8強組に加え、1回戦で延長戦の末に智弁学園に敗れた滋賀学園の5校を検討。守備が堅く試合終盤に集中力を発揮し、地域性の観点から神戸国際大付が5番目に決定。最後の1枠は大阪桐蔭にコールド負けした天理と智弁和歌山の比較に。長身エース・達を擁する天理は、智弁和歌山と投手力、攻撃力とも互角とされたが、昨秋の奈良大会決勝で智弁学園に勝利した戦いぶりなどが評価された。

全31試合を動画中継

 公式サイト「センバツLIVE!」では、大会期間中、全31試合を中継します(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/)。また、「スポーツナビ」(https://baseball.yahoo.co.jp/senbatsu/)でも展開します。出場決定号外はデジタル紙面でご覧いただけます。

次に読みたい

あわせて読みたい