特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

52年ぶりのセンバツへ 大喜びの宮崎商「勝つぞ」 第93回選抜高校野球

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
帽子を投げて52年ぶりのセンバツ出場決定に歓喜する宮崎商の選手たち=宮崎市和知川原3で2021年1月29日午後4時27分、上入来尚撮影 拡大
帽子を投げて52年ぶりのセンバツ出場決定に歓喜する宮崎商の選手たち=宮崎市和知川原3で2021年1月29日午後4時27分、上入来尚撮影

 第93回選抜高校野球大会の選考委員会が29日、オンラインで開かれ、宮崎商の52年ぶり3回目の出場が決まった。

 52年ぶりの吉報に、マスクを着用してグラウンドに集まった宮崎商の選手たちは「甲子園、勝つぞ」と喜んだ。昨秋の九州大会は投打がかみ合い4強入り。準々決勝で2打席連続本塁打を放った主将の中村は「(大会までに)守備も打撃も伸ばしていきたい」と意気込む。

 宮崎県では新型コロナウイルス感染拡大により1月7日に県独自の緊急事態宣言が発令された。休校や部活動の休止で2週間以上、全体練習ができず、選手は各自でトレーニングに励んだ。中村は「不安もあったが、出場が決まったので気持ちを新たにやっていきたい」と笑顔を見せた。【黒澤敬太郎】

次に読みたい

あわせて読みたい