特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

初の切符つかんだ上田西 最大の売りは強力打線 第93回選抜高校野球

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
センバツ出場が決まって喜ぶ上田西の選手たち=長野県上田市で2021年1月29日午後4時36分、竹内紀臣撮影 拡大
センバツ出場が決まって喜ぶ上田西の選手たち=長野県上田市で2021年1月29日午後4時36分、竹内紀臣撮影

 第93回選抜高校野球大会の選考委員会が29日、オンラインで開かれ、上田西(長野)の初出場が決まった。

 昨秋の北信越大会では、準決勝で星稜(石川)を破って準優勝した上田西。初の切符をつかみ、主将の柳沢は「本当にうれしい。北信越の代表として身が引き締まる思い」と気持ちを新たにした。最大の売りは秋の公式戦チーム打率4割超の強力打線だ。1番・笹原、3番・柳沢を筆頭に畳み掛ける。左腕の山口はスライダーやチェンジアップなど精度の高い変化球を織り交ぜ、打者を幻惑する。

 目標は初の甲子園ベスト8進出。監督就任から1年余で同校をセンバツへ導いた吉崎監督は「一球に気持ちを込めるようなプレーをしていきたい」と意気込んだ。【皆川真仁】

次に読みたい

あわせて読みたい