特集

第70期王将戦

第70期王将戦の特集ページです。3冠を誇る渡辺明王将に、タフな戦いを得意とする永瀬拓矢王座がどこまで迫るか。

特集一覧

第70期王将戦

第3局 最新型の相掛かりに

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
第70期王将戦七番勝負第3局で初手を指す渡辺明王将(右)。左は挑戦者の永瀬拓矢王座=栃木県大田原市のホテル花月で2021年1月30日午前9時
第70期王将戦七番勝負第3局で初手を指す渡辺明王将(右)。左は挑戦者の永瀬拓矢王座=栃木県大田原市のホテル花月で2021年1月30日午前9時

 渡辺明王将(36)に永瀬拓矢王座(28)が挑戦し、渡辺の2連勝で迎えた第70期王将戦七番勝負第3局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、囲碁・将棋チャンネル、立飛ホールディングス協賛、栃木県大田原市、下野新聞社後援)は30日、大田原市のホテル花月で始まった。栃木県北部、那珂川沿いの、第56期から15期連続で開催されている対局場が舞台になった。川に面する部屋からは冬の青空が広がる。

 王将3連覇・通算5期を目指す渡辺は開幕2連勝と好スタートを切った。1週間後の2月6日には糸谷哲郎八段(32)を挑戦者に迎えて棋王戦五番勝負も開幕する。好調の流れを維持したいところだ。

この記事は有料記事です。

残り522文字(全文808文字)

あわせて読みたい

注目の特集