特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第93回選抜高校野球 市和歌山の春満開 2年ぶり7回目 粛々と喜び(その1) /和歌山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
栂野作治校長(右手前)からセンバツ出場の決定を聞く市和歌山の選手たち。感染症対策でマスクを着用している。報道陣は距離を取って撮影した=和歌山市で2021年1月29日午後4時8分、久保玲撮影 拡大
栂野作治校長(右手前)からセンバツ出場の決定を聞く市和歌山の選手たち。感染症対策でマスクを着用している。報道陣は距離を取って撮影した=和歌山市で2021年1月29日午後4時8分、久保玲撮影

 <センバツ2021>

 第93回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)の選考委員会が29日、オンラインで開かれ、市和歌山の2年ぶり7回目の出場が決まった。粘り強い野球で昨秋の近畿地区大会でベスト4入りしたことなどが評価された。「日本一」の目標を掲げ、甲子園の舞台に臨む。組み合わせ抽選会は2月23日。大会は3月19日に開幕する。【橋本陵汰、山本芳博、木村綾】

ガッツポーズをする市和歌山の選手=和歌山市の同校グラウンドで2021年1月29日、山本芳博撮影 拡大
ガッツポーズをする市和歌山の選手=和歌山市の同校グラウンドで2021年1月29日、山本芳博撮影

 午後4時ごろ、市和歌山の視聴覚室で待機していた栂野作治校長に、センバツ出場決定が電話で知らされた。栂野校長は緊張した面持ちで受話器を取り、「ありがとうございます。ありがたくお受け致します」と答えた。

 栂野校長はその後、選手たちが待つグラウンドへ向かい、整列した選手たちに「練習試合も満足にできなかった中で、大会出場の権利をもらえたことはすばらしいことだ」と語り掛けた。その上で、「周りの人に支えられて今日があることを忘れず、大会では前回の成績(ベスト8)以上を目指して頑張ってほしい」と激励した。

 選手たちは新型コロナウイルス感染防止のため、マスクを着け、間隔を空けて並んだ。栂野校長の話を真剣な表情で聞き、最後に全員で「ありがとうございました」と返した。

 半田真一監督(40)は「まずはおめでとう。秋の君たちのがんばりが認められた結果だ」と選手たちをねぎらった。大会に向けて「感謝の気持ちを結果で返せるよう万全の準備をしよう。コロナ禍で制約はあるが、最大限の結果が出せるよう、個々が責任もって準備してほしい」と呼び掛けた。

 選手たちは肩を組んだり、声を上げて喜んだりすることは控え、笑顔で目を細めて静かに喜びを分かち合った。エースとしてチームを支える小園健太投手(2年)は「近畿地区大会が終わってからドキドキしていたので、(出場が決まり)うれしい」と素直に喜んだ。初めて立つ甲子園の舞台について「小さい頃からテレビで見ていた憧れの場所で、出場を目指してやってきた。チームとしては日本一を目指して戦う。個人では自分が投げた試合はゼロで抑えられるよう、今までで一番のピッチングを見せたい」と話し、活躍を誓った。

 センバツ決定が伝えられた後、選手たちは小雪が舞う中、早速練習に取り組んだ。守備練習では軽快な動きを見せ、汗を流していた。

 また、この日、出場決定を伝える毎日新聞の号外が同校で配られた。【橋本陵汰】

あわせて読みたい