特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第93回選抜高校野球 明徳義塾に春切符 悲願の初優勝目指す /高知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
センバツ出場決定を受け、馬淵監督(左)から話を聴く選手たち=須崎市で2021年1月29日午後4時22分、郡悠介撮影 拡大
センバツ出場決定を受け、馬淵監督(左)から話を聴く選手たち=須崎市で2021年1月29日午後4時22分、郡悠介撮影

 <センバツ2021>

 第93回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)の選考委員会が29日開かれ、明徳義塾(㟢本宏明校長)の出場が決まった。選出は2年連続20回目。2020年秋の四国地区大会優勝などが評価された。投手を中心とした守りと粘り強い攻撃で悲願のセンバツ初優勝を目指す。組み合わせ抽選会は2月23日。大会は阪神甲子園球場で3月19日に開幕する。【北村栞、郡悠介】

センバツ出場決定の電話を受ける㟢本校長=須崎市で2021年1月29日午後4時7分、井上大作撮影 拡大
センバツ出場決定の電話を受ける㟢本校長=須崎市で2021年1月29日午後4時7分、井上大作撮影

 午後4時7分に春の吉報が明徳義塾に舞い込んだ。新型コロナウイルス対策のため、十分なスペースが確保できる研修会館で電話を受けた㟢本宏明校長は「ありがたくお受けいたします」と応じ、顔をほころばせた。

 㟢本校長はその後、グラウンドに移動し出場決定を選手たちに報告した。「第93回大会では紫紺の優勝旗を持って帰るという思いでしっかり頑張ってもらいたい」とエールを送ると、選手たちは拍手で喜びを表した。

秋季四国地区大会高知県予選決勝で三振を奪いマウンドでほえる代木大和投手=高知市春野町芳原の県立春野球場で2020年10月11日午後4時38分、北村栞撮影 拡大
秋季四国地区大会高知県予選決勝で三振を奪いマウンドでほえる代木大和投手=高知市春野町芳原の県立春野球場で2020年10月11日午後4時38分、北村栞撮影

 昨秋、投打にわたってチームを引っ張ってきた主戦の代木大和投手(2年)は「うれしい気持ちもあるが、コロナの中で開催されることに感謝したい。唯一センバツで優勝したことがないので、優勝したいと思う」と飛躍を誓った。

 2019年からレギュラーとして昨年のセンバツ出場権獲得にも貢献した米崎薫暉主将(2年)は「(春夏の)2大会連続で甲子園に出られなくて、先輩たちの分も背負っていると思う。大会では3年生への感謝の気持ちを込めて自分たちの力を出したい」と力を込めた。

 馬淵史郎監督(65)は「秋のスタイルを変えずにしっかり貫けるかがカギ。全体的にバッティングは向上していて上位と下位の差がなくなってきた」と現在のチームを評価。「四国代表として良い試合をしないといけないと痛感している。全力で乗り込んでいきたい。ひとつでも多く勝ち、できるなら優勝したい」と意気込んだ。

安定感のある試合運び

 明徳義塾は、20年秋の四国地区大会県予選は決勝再試合を含めた計5試合で1失点、四国地区大会でも計3試合で3失点。安定感のある試合運びで圧倒的な強さを見せつけ、2年連続の四国王者に輝いた。

 立役者は、うち7試合で先発、完投した主戦左腕の代木大和投手(2年)だ。直球の最速は130キロ台後半だが、抜群の制球力で相手に的を絞らせず、防御率は0・58。控えの畑中仁太投手(2年)も故障で登板機会こそ少なかったが、県予選の準々決勝(五回コールド勝ち)では、わずか43球、無失点の好投を見せた。1年生の時より制球力が増し、得意のカーブがさえる。

 攻撃面では、ボールの見極めがうまい選手が多く、犠打を正確に決めて得点を積み上げるのが持ち味だ。3番を任せられた米崎薫暉主将(2年)が打率5割でチームトップ。代木投手は三塁打を2本放つなど打撃面でも貢献、加藤愛己捕手(2年)も長打力がある。下位にも打率3割7分9厘の岩城龍ノ介選手(2年)ら、しぶとい打者がそろっている。

併殺を狙う米崎薫暉主将(中央)。池辺由伸選手(右)と共に内野守備の中心だ=高知市春野町芳原の高知県立春野球場で2020年10月11日午後2時20分、北村栞撮影 拡大
併殺を狙う米崎薫暉主将(中央)。池辺由伸選手(右)と共に内野守備の中心だ=高知市春野町芳原の高知県立春野球場で2020年10月11日午後2時20分、北村栞撮影

特別号外に笑顔

 〇…毎日新聞は29日、明徳義塾のセンバツ出場を伝える特別号外を配布した。保護者や学校関係者らが次々と手に取り、掲載された写真などを眺めていた。20年の秋季県予選・四国大会で4番を務め、号外にも写真が掲載された森松幸亮選手(2年)の父保智さん(37)は「甲子園を目標に息子が選んだ学校なので、親としてもうれしい。センバツでも写真を撮ってもらえるようがんばってほしい」と笑顔を見せた。


 ◆学校プロフィル

02年夏全国制覇

 1976年開校の私立校。男女共学の中高一貫校で須崎市に本校堂ノ浦キャンパス、土佐市に竜キャンパスがある。「徳・体・知」三位一体の人格育成を掲げ、教職員が学園内で生徒と共に生活する「師弟同行の教育」を実践している。また、海外の学校と姉妹校提携を結び、多くの留学生を受け入れている。

 野球部は開校と同時に創部され、夏は20回の甲子園出場を誇る。2002年夏に全国制覇を達成し、春の最高成績は1983年、2004年のベスト4。多くの部活動が全国トップレベルでOBにはプロ野球DeNAの伊藤光捕手やプロゴルファーの松山英樹選手らがいる。須崎市浦ノ内下中山160(088・856・1211)。

明徳義塾の選手たち=高知県須崎市の同校で2020年12月14日午後1時23分、北村栞撮影 拡大
明徳義塾の選手たち=高知県須崎市の同校で2020年12月14日午後1時23分、北村栞撮影

戦いの軌跡 秋季四国地区大会

<秋季四国地区大会県予選>

2回戦

明徳義塾

  000101220=6

  000000000=0

高知商

 (明)代木―加藤

 (高)竹内、井上、土居―大石

▽二塁打 岩城、加藤、井上(明)

準々決勝

中村

  00000=0

  4204×=10

明徳義塾

 (五回コールド)

 (中)大崎―沢良木大

 (明)畑中―加藤

▽三塁打 米崎、加藤(明)

▽二塁打 畑中(明)

準決勝

明徳義塾

  0401013=9

  0000000=0

高知中央

 (七回コールド)

 (明)代木―加藤

 (高)板谷、井上、吉岡―小松

▽三塁打 米崎、森松(明)

▽二塁打 井上(明)八山(高)

決勝

高知

  100000000000=1

  000010000000=1

明徳義塾

 (延長十二回日没引き分け)

 (高)森木―吉岡

 (明)代木―加藤

▽二塁打 森木、高橋友(高)岩城(明)

決勝(再試合)

明徳義塾

  006000000=6

  000000000=0

高知

 (明)代木―加藤

 (高)高橋克、城田―吉岡

▽二塁打 加藤、代木(明)森木(高)

 <秋季四国地区大会>

準々決勝

英明

  000000000=0

  01100030×=5

明徳義塾

 (英)石河―河野

 (明)代木―加藤

▽三塁打 代木(明)

▽二塁打 井上、山蔭(明)

準決勝

鳴門

  0010001=2

  060102×=9

明徳義塾

 (七回コールド)

 (鳴)前田、杉山、冨田―団

 (明)代木―加藤

▽二塁打 加藤、米崎、岩城(明)

決勝

明徳義塾

  010010030=5

  000100000=1

聖カタリナ学園

 (明)代木―加藤

 (聖)仲田、桜井―石川

▽三塁打 代木(明)

▽二塁打 森松(明)高岡、堀越(聖)

あわせて読みたい