特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ EU、ワクチン輸出監視 域内供給優先、規制強化

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 欧州連合(EU)は、製薬会社が新型コロナウイルスのワクチンを許可なく域外に輸出することについて規制を強化する方針を固めた。29日にも発表する。域外への出荷を監視し、製薬会社側にEUと契約した供給量を優先的に確保させる狙いがある。

 今後、製薬会社側は域外に輸出する際にEUに報告する義務が生じる。EUは「輸出禁止ではなく透明性確保が目的」(EU高官)と説明するが、域内の供給量が確保されない懸念も高まっており、輸出差し止めの判断もあり得るという。

 背景には、EUと英製薬大手アストラゼネカとの対立がある。EUは29日にも同社のワクチンを承認する見込みだが、同社は既に「生産上の問題」から供給の削減を発表。ロイター通信によると、同社はEU側に3月末までの出荷量が6割削減されると通知した。EUは反発し、対応を見直すよう要求している。

この記事は有料記事です。

残り479文字(全文844文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集