特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚

『現代詩の鑑賞』=中村稔・著

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
『現代詩の鑑賞』
『現代詩の鑑賞』

 (青土社・2640円)

 鮎川信夫から小池昌代まで戦後の詩人27人の作品鑑賞。帯に「戦後詩から現代詩へ」とある。戦後詩は一種の業界用語で、「戦争体験、敗戦後の占領下日本の生活を体験した人々の作」(後記)を指す。範囲には諸説あるが、著者は谷川俊太郎、大岡信の2人を「境界」としている。

 この長老詩人による鑑賞は平易で丁寧だが、詩の選択も読解も独自のもの。主に初期作品を取り上げ、添えられる寸…

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文486文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集