特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第93回選抜高校野球 北海に春便り

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
センバツ出場が決まり、雪の中で喜ぶ北海の選手たち=札幌市豊平区で2021年1月29日、北山夏帆撮影 拡大
センバツ出場が決まり、雪の中で喜ぶ北海の選手たち=札幌市豊平区で2021年1月29日、北山夏帆撮影

 第93回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)の選考委員会が29日、初めてオンラインで開かれ、一般選考28、21世紀枠4の出場32校が決まった。

 選考は47都道府県高野連が推薦した一般選考123校、21世紀枠9校の計132校が対象。過去最多に並ぶ4枠の21世紀枠には、監督の勤務する特別支援学校と日常的に交流している八戸西(青森)のほか、三島南(静岡)、東播磨(兵庫)、具志川商(沖縄)を選出した。

 一般選考の柴田(宮城)、京都国際、聖カタリナ学園(愛媛)、大崎(長崎)と合わせた8校が、春夏通じて初の甲子園切符を手にした。

 北海道からは秋の北海道大会で優勝した北海が10年ぶり13回目の出場を決めた。2018年に2度目の甲子園春夏連覇を達成した大阪桐蔭、春夏の甲子園で最多11回優勝の中京大中京(愛知)なども選ばれた。

 2月23日に組み合わせ抽選会があり、大会は3月19日から13日間(準々決勝と準決勝翌日の休養日を含む)、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開催される。【藤田健志、三沢邦彦】


 公式サイト 「センバツ LIVE!」【https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/】

あわせて読みたい