「バイデン氏と対話の用意ある」 対立続けるベネズエラ、駐日大使語る

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
インタビューに応じるベネズエラのセイコウ・イシカワ駐日大使=東京都港区で2021年1月28日、中村聡也撮影
インタビューに応じるベネズエラのセイコウ・イシカワ駐日大使=東京都港区で2021年1月28日、中村聡也撮影

 南米ベネズエラのセイコウ・イシカワ駐日大使(48)は米国のバイデン新政権との関係について、ベネズエラの主権や独立性を踏まえて、互いを尊重することが前提だとしたうえで「(ベネズエラの)マドゥロ大統領はバイデン大統領と対話する用意がある」と語った。急激な変化は望めないとしながらも、関係改善に意欲を示した格好だ。

 イシカワ氏は1月28日、毎日新聞のインタビューに応じた。対米関係では「従来の2国間関係から変わることを本当に期待している。マドゥロ氏は…

この記事は有料記事です。

残り743文字(全文966文字)

あわせて読みたい

注目の特集