特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

旭川医大で何があったか 学長vs病院長 コロナ禍が深めた確執の背景

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
北海道北部・東部の医療の中核を担っている旭川医大病院=北海道旭川市で2020年7月10日午後4時2分、貝塚太一撮影
北海道北部・東部の医療の中核を担っている旭川医大病院=北海道旭川市で2020年7月10日午後4時2分、貝塚太一撮影

 日本最北の医学部がある旭川医科大(北海道旭川市)で25日、地域の新型コロナウイルス感染者治療の陣頭指揮を執っていた同大病院長の古川博之氏が解任された。背景には14年という異例の長期にわたりトップの座に就く吉田晃敏学長との確執があった。関係者に取材すると、自負心の強い2人が次第に疎遠になり、未曽有のコロナ禍が対立を一気に深めた経緯が浮かんでくる。【横田信行】

文春報道で激震、さらに暴露も

 旭川医大病院は北海道のほぼ中央部に位置し、広大な道北・道東の高度先端医療や救急医療を担う。「地域医療の最後のとりで」と自他ともに認める基幹病院に激震が走ったのが2020年12月、週刊文春の報道だった。

 11月17日に開かれた同大幹部による非公開の大学運営会議で、大規模なコロナのクラスター(感染者集団)が発生した市内の吉田病院について、吉田学長が「コロナを完全になくすためにはあの病院が完全になくなるしかない」「吉田病院があること自体がコロナをまき散らして」などと発言したとの内容だった。音声データもネット上に公開された。

 吉田学長は、不適切な発言だったと謝罪しつつ「なくなるしかないのは吉田病院ではなく、吉田病院の新型コロナという意味だった」と釈明したが、年が明けてさらに衝撃は続いた。大学運営会議の4日前の11月13日、吉田病院からのコロナ患者の受け入れを提案した古川院長に対し、吉田学長はこれを退け「その代わりお前が辞めろ」と迫ったと、報道各社に暴露したのだ。

 市内では医療・福祉施設での大規模クラスターが多発し、吉田病院には全国で初めて自衛隊の看護官が応援派遣されている時期だった。コロナ禍での国立大の学長と病院トップの対立に、市民からは批判が噴出した。

理事4人で解任を決定

 そんな中、古川氏の解任が電撃的に発表された。大学側は1月26日に記者会見し、…

この記事は有料記事です。

残り2535文字(全文3310文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集